納骨堂計画
明法房の寺に住んで
明圓寺の四季
馬滝と鳴滝
石岡市のホームページ
明圓寺のいわれ
 明圓寺は、一人一人の個性を尊重し、多様なライフスタイルの方々を応援し、歓迎いたします。

明圓寺 秋の永代経のご案内

次回の永代経の講話は、明圓寺がある八郷地区に移住して来られ、ご夫婦自ら、とても素敵な家を建てておられる岩崎さまにお願いしました。お話の後、ご自宅の見学会も計画しております。秋の気持ちのいい季節に是非、明圓寺にいらしてください。

日時: 2017年9月24日(日)13:00〜
(13時から住職のお経、14時から岩崎様の講話があります。講話からのご参加も可能です。)

お灯明料: 1,200円

タイトル: 『戦争、競争、格差・・・いま、お釈迦さまが生きていたら?』

講話内容:
お釈迦さまが、いま生きておられたら、なんといわれるだろうか? 
今の世は、なかなか生きづらくなってきました。
それは、どうしてでしょうか、そしてこれからどうしたらよいのでしょうか。
ヒマラヤ山脈によって生まれた東と西の文明、仏教とキリスト教を見据えて
互いに助け合う社会、つまり「民主主義」をどう発展させていくかを考えていきます。

略歴
岩崎駿介(いわさきしゅんすけ)
1937年東京生まれ。
東京芸術大学建築科卒、ガーナ国立大学で建築学を教えた後、
ハーバード大学院で都市デザインを学ぶ。
帰国後、横浜市の都市デザインチームの初代リーダーとして
都市デザインを実践。
その後、国連アジア太平洋地域のスラム課長を経て、
筑波大学で教鞭を執る。
これらの仕事とは別に1981年から1992年までの11年間、
日本最大の国際協力NGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」代表として世界の難民・飢餓・環境問題に取り組み、
1993年からはNPO「市民フォーラム2001」事務局長として
環境政策提言に務める。
現在は、2012年度日本建築家協会の環境建築賞の最優秀賞を受賞した「落日荘」を自力建設中。

明圓寺 明圓寺 明圓寺 明圓寺 明圓寺 明圓寺



大澤山 常陽院 明圓寺(おおさわさん じょうよういん みょうえんじ) は、親鸞聖人から明法という名を授かった弟子・弁円が、仁治元年(1240年)真家村(現在の茨城県石岡市真家)に隠居の為に建立した浄土真宗のお寺です。明法の「明」とかつての名弁円の「圓」の字をとって明圓寺と号されました。

四季折々の草花、馬滝の美しい流れる音、素晴らしい里山風景の中に佇む、歴史深い山寺ですので、ぜひお気軽にいらしてください。

【納骨堂・樹木葬「游心庵」建立に寄せて】

お墓とは『故人を偲ぶよすがとす』と言われております。

私は、墓前で手を合わせる時は、亡き人を振り返り偲ぶだけではなく、それをご縁として、今、生かされている自分自身を映し出す場、そして、今、置かれている自分の立ち位置を確認する場として、自分を見つめ直す大切な時間を頂くことでありたいと考えます。

時系列的には、過去、現在、未来へと繋がって時間が流れて行きますが、仏教的思想では、現在をどう生きるかによって過去も未来も変わってくる、と考えます。つまり、今の生き方次第で過去からの生き様もわかるし、未来も見えてくるのです。

現代を生きる私達は、時には苦しみ、時には悲しみ、未来の自分に戸惑う事に遭遇します。

そんな時、この場に立つことでご安置された阿弥陀さまと亡き人の暖かい慈悲の御手に抱かれて、ほっとしていただきたい、そして、心を游ばせて欲しい、そんな思いから游心庵と名付けました。是非一度足をお運びください。合掌


納骨堂・樹木葬「游心庵」ホームページ

明圓寺 住職 土井千浩
画像:人形説き「弁円のなみだ」より

TOPへ